オーストラリア留学。どのVISAで行くか検討してみよう!

みなさんこんにちは、yacco.です。

今日はオーストラリアのワーキングホリデービザについてです!35歳まで引き上げられると噂されてもう3年くらい経ちましたが実際のところはどうなったのでしょう?実際のところまだ日本人には適用になってないみたいですね。ほんとオーストラリアの政府ってのんびりしてるわぁと思ってしまいます。

スチューデントビザとワーキングホリデービザどっちがいいの?

そもそも海外に住みたいとか留学したいと思った時にどのビザがいいのか迷う方も多いですよね!実際に語学学校に通ってみるとスチューデントビザで来ている子の方がはるかに多かったです。

エージェントさんからはまずスチューデントで行ってからワーホリに切り替える人もいるよと聞いたのですが、それの利点はなんなのか。

ワーキングホリデービザ(オーストラリアの場合)

18才~30才まで取得することができるビザ。(31才の誕生日を迎える前までにビザをとっておけば出発は31才になってしまってからでも可能です。)ちなみに私が取得したビザはこちらです!

4ヶ月間学校に通うことが可能。

88日以上季節労働をすればセカンドワーキングホリデービザを取得することが可能です。オーストラリアならではのシステムですね!

ワーキングホリデービザはかなり融通の利くビザです。自分が何をしたいかによって様々な可能性があります。お金を貯めたいからたくさん働きたいのであればたくさん働くこともできるし、世界遺産などの観光名所を巡りたいのであればお金を稼いで観光に時間をかけることもできます。

ただし1つの国で1度しか使えないビザなので使うタイミングをよく見極めて使いましょう!

学生ビザ

学生ビザはあくまで勉強することを目的にしたビザなので、働ける時間に制限があります。学校に通っている間は週20時間までしか働くことができません。24週以上通うと2ヶ月ほどのホリデー期間がついてくるみたいなので、学校に通っている最中にホリデーを使って一時帰国している子もいれば、その期間は労働時間の制限がなくなるのでガツンと働いて稼いでいる子もいたり、せっかくオーストラリアにいるんだから国内を旅行しようとその期間に行ってる子もいました。

最初にスチューデントビザで行って切り替える派がいるのには、最初に勉強をがっつりしてまず学力を少しでもあげて英語に自信がついてから、ワーキングホリデービザを使って自由に自分のしたいことをしようとゆう考えからでしょうね。

そして逆パターンも実は多いです!

ワーキングホリデーで滞在してみたら楽しくてもっと長く滞在したい!と思った人が語学学校やTAFE(日本でゆう専門学校です)、大学に通うためにビザを切り替えるパターンです。

私もこれをするか迷ったのですが、本当に学びたいものがないのにオーストラリアに滞在するためだけにスチューデントビザに切り替えるのはなんか費用も素顔くかかるし目的が違うのかなと思ってやめました。

本当に学びたいことがあったらやってみたいなぁ。

観光ビザ(ETAS)で短期留学

長期での留学はお仕事の都合上難しそうだけど、短期で留学してみたい。とゆう方には、観光ビザで短期留学をするとゆう選択もあります!

観光ビザでは1回の渡航で3ヶ月まで滞在することが可能です。こちらのビザでは全く働くことはできないので向こうで必要になるお金はきちんと準備してから行きしょうね!

以上が最初に留学を決めた際に検討することが多いVISAの紹介でした!

自分の目的にあったビザを使って楽しい留学生活にしてください:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です