murderとkill違い。同じ殺すとゆう意味でも全然違う!

みなさん、こんにちは。

yacco.です。

前回killの意外な使い方について書いたので、今日は最近覚えた英単語murderとkillの違いについてお話したいと思います。

killとmuderの違いってなに??

先日、彼と電話で話していたらアメリカになぜか日本のスズメバチがいてアメリカの蜂が殺されたってゆうニュースがあったんだけど知ってる?と記事を送ってくれました。

その記事のタイトルが

”Murder Hornets’ in the U.S.: The Rush to Stop the Asian Giant Hornet”

白状するとわたしはそれまでmurderとゆう単語知りませんでした。

興味のあるものを使って英語を勉強していたので覚えている単語がまぁ偏っていて。。お恥ずかしい。

せっかくなのでその時彼に教えてもらったkillとmurderの単語の違いをブログに書いておこうと思います。

 

例えば同じ人を殺すとゆう行為でも

戦争中だったらその行為は悪いことじゃなかったからkillを使うけど

現代だと禁止されていることだからmurderを使うかな。

と教えてもらいました。

 

とゆうことは

 

kill殺すとゆう行為全般を指すことができるけど、

murder殺す行為全般を指すことはできなくて、法に触れている殺す行為を説明する単語

 

なのかなと推測。

 

念の為、実際にmurder英英辞書でも調べてみたところ

the unlawful premeditated killing of one human being by another.

と出てきました。

おっ!なんとなくは合ってますね!

なので

あの記事の見出しのMurder Hornetsは日本のスズメバチが殺人をする様にアメリカの蜂を殺してしまったことからつけられたってことですね。

この時わたしはmurderってすでにerがついてるけど殺人犯のような人を表す時はなんてゆうのかな?

とゆう疑問が出てきたので彼に聞いたところ

そうゆう場合はさらにerをつけてmurdererってゆうそうです。

 

これ、学生の頃だったらきっとテストで引っかかる問題な気がする。。

murderは殺人とゆう名詞と動詞

murdererは殺人鬼

学生のみなさんはテストの時、気をつけて下さい:)

 

ちなみにこのmurderとゆう単語、NETFLIXでThe Good Placeを見ていたらめちゃくちゃ使われていました!

こうやって覚えた英語が実際に使われているところを見ると嬉しいですよね!

わたしはすごく偏った単語しか知らないのでもっと色々覚えて行きたいなと思いました。

みなさんも一緒に頑張りましょう!!

 

このブログが少しでも参考になってくれたら嬉しいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

【前回のブログ】【kill time】時間をつぶす。killの意外な使い方にびっくり!