ブリスベン 全然見つからないローカルジョブ。。

みなさん、こんにちは。

yacco.です。

今日は苦戦したブリスベンでのバイト探しについてお話ししたいと思います。

まず、バイトを探し始めたのはセカンドビザが取れてからだったので、オーストラリアに来て8ヶ月くらいは経っていました。

学校はUpper intermediateで卒業していましたし、RSA、セカンドビザも取ってビザの期限にも余裕があったのでそこまで履歴書に書ける条件としては悪くなかったと思います。

 

苦戦したブリスベンでのローカルジョブ探し

最初の1ヶ月はローカルジョブに絞って仕事探しをしていました。

住んでいたCannon Hillが家から5分のところにColes、Woolworth、ALDI、Kmart、マック、バーガーキングなどがあって意外と便利だったのとシェアメイトが全員ネイティブだったので引っ越しをためらっていてその付近で見つかったらいいなぁと、家の周辺にレジュメを手渡しで配ったりしていました。そして当時一緒に住んでたニュージーランド人のシェアメイトが仕事探しに難航していた私をみて、どのサイトを使って探してるの?Seekが一番見つけやすいからそれで探してみなよ!と教えてくれて、seekや別のシドニーでローカルジョブを見つけた日本人の友達が教えてくれたJora Localを使って見つけたカフェの求人に片っ端から応募していました。

ところが1ヶ月くらい経っても一向にどこからも返信がなく。。こっちでの職歴もないし仕方ないかとローカルジョブに執着するのをやめて、日豪プレスを使ってジャパレスも候補に入れて探し始めました。

そうすると1週間もしないうちに面接に来れますか?と3件くらいのジャパレスから返信が!

面接、そしてトライアル!!

最初に面接に行ったのはハンドロールのテイクアウェイがメインのお寿司屋さんでした。

面接は結構スムーズにいって手応えがあったのですが、お寿司を作った経験があんまりないことを知ると表情は一転、結構忙しいお店だし、みんなハンドロールを作ることになるんだけど大丈夫?と聞かれたので、はい!わからないけど、できると思います!と答えたのですが、そのお店から採用の連絡はありませんでした。

お寿司作った経験あります!ってハッタリかましておけばよかったと後悔したのですが、ひきづってても仕方ありません。次頑張ろう!とまた履歴書をいろんなところにメールで送って。。

次に面接を受けにいったのはジャパレスでした!

ちょっと場所は住んでいたところから遠かったのですが、とにかく生活するには仕事を見つけないと!家に引きこもってちゃオーストラリアに来てる意味がない!とその時には家の近くのレストランがいいなとゆうこだわりもなくなっていたのでとりあえず面接に行ってみるとそれが実はトライアルで、そのまま1~2時間働かせてもらいました。

すると、突然試練が訪れました。

接客したお客さんに私たちのこと覚えてる?と聞かれて、いや、今トライアル中だしわかんないと思って返答に迷っていると、しょっちゅうここに食べに来てるのに私たちのこと覚えてないの?とお客さん。

げ!このままだと、クレームになって仕事もらえなくなるかもと思った私は、今日が初日なので。。知らなくてすみません。ととりあえず正直に伝えました。

その後もそのテーブルに何回か料理を運ぶ機会があって、空いたお皿を進んで下げたり、できる限りのことをしてなんとか挽回しようと頑張りました。

そしてその方たちが帰る時に私の方へ来て、あなた初日の割にいい仕事してたわよ!とお褒めの言葉をくれてとりあえず悪い印象は払拭できたようでした。

約2時間のトライアルをやりきり、次回出勤した時にはここに勤怠を書いてね!と勤怠のつけ方を教えてもらって制服ももらい、来週のシフトが決まったら連絡するね!とゆわれたので、やったー!バイト決まったっぽい!と思ったのですが、そこのレストランは夜だけだったので、夜だけだと昼間暇だしな。。ともう1件連絡が返ってきたジャパレスの面接も受けに行くことにしました。

2つ目のお店は回転寿司のお店でした。清潔感があっていい雰囲気だったし、店長が日本人じゃなかったので、できれば日本人が少ないところで働きたいと思っていた私は面接が終わった後にはここで働けたらいいなぁと思っていました。

そして面接の時にとりあえず一回トライアルにきてもらえますか?と言ってもらい翌日トライアルをすることに!

翌日ゆわれた時間に着いたらすでにお店が忙しくて前回のトライアルの時みたいに大まかな仕事を教えてもらえる時間もあまりありませんでした。オーダーを取ろうにも、食器を下げるにも要領が全然わからなかったのでホールの仕事は足手まといになる!と思い、テイクアウェイのお手伝いをしようと思い必死にできることをやりました。

1時間半くらい働いてトライアルは終わりお礼を言ってからお店を後にし、あぁ、あんまりホールで働いてるところ見せれなかったなぁと思いながらもできることはやった!その日教えてくれた方も接客できてますねって言ってくれたしなんとか受かりますように。。と思いながら帰りました。

ですが、制服までもらっていたのにシフトの連絡するねとゆわれたレストランからも、もう一つの回転寿司のお店からも5日くらい経っても音沙汰がありません。

あー。まじか。どっちも落ちたくさいと思ったのですが、どうしても早く仕事を見つけたかった私は2件目の回転寿司のお店が面接やトライアルに行った時の対応がきちんとしていて好印象だったので、うざいかもと思いながら店長さんに先日はトライアルの機会をくれてありがとうございました!とても楽しかったので、ぜひそちらで働きたいです。とダメ元でもう一回SMSを送りました

すると!もしまだ仕事が見つかってなかったら一緒に働きませんか?と返信が!

よかったー、諦めずにもう1回連絡してみて♩

おそらくですが、面接の時にディナータイムはバイトが決まりそうと店長に話していたのですが、ランチタイムのバイトはもう見つかっていてディナータイムにも働ける人を探していたみたいで、もう1つの方のレストランがダメになったおかげで採用してもらえたみたいです:) 

正直、もう1つのレストランの印象がそんなによくなかったので落ちた時は悲しかったけど、結果オーライだったかなと思います笑。

後から知ったのですが、ブリスベンのバイトって夏の繁忙期以外は新しく募集をかけてるレストランなどが少なくて仕事が見つけにくいみたいです。オーストラリア人の友達でさえ全然バイトが見つからないって言ってたくらいです。

そうゆうの話を聞いた後だと考え方を変えれば、日本人なら英語で接客がある程度できれはジャパレスでの仕事が見つけられるだけラッキーなのかもと思いました。

そして、飲食店で働くにはRSAは必須なことが多いのでオーストラリアに着いたらすぐRSAを取っておくとちょっとはバイトが見つかりやすくなるかもしれません:)(ちなみに地域によって同じ内容でも必要な資格が変わってくるので注意してください。)

以上が私がバイトを見つけるまでのお話でした!最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です